ITインフラを支えるスペシャリスト IIMヒューマン・ソリューション

  • youtube

IE11 終了で VBA が使えなくなる? 対象とその解決策を解説

btn_pagetop

皆様の組織ではIE11サポート終了によるブラウザ切り替えの対応はお済みでしょうか?
2022年6月のIE11サポート終了以降、これまで利用できていたVBAの一部機能が使えなくなってしまいます。
今回のコラムはこのことについて解説と対処方法について解説します。

IE11は2022年6月15日以降利用できなくなる

すでにアナウンスされているようにInternet Explorer 11のサポートが終了します。
2022年6月15日のサポート終了日以降の累積的な更新プログラムの適用によってIEを起動できなくなり、IEの実行プログラムであるiexplore.exeを実行しても、Microsoft Edgeにリダイレクトされる予定です。

業務システムなどでIE11を操作する必要のある場合は、最新のMicrosoft EdgeのInternet Explorer (IE) モードを使用することで人間が操作するには対応が可能です。

CreateObject("InternetExplorer.Application")が使えない

ブラウザを変更することで人間は対処可能ですが、既存のExcel VBAのIEオートメーション操作、ShellWindowsからのブラウザ操作やWebページのスクレイピングを行っている場合、IE11が起動できなくなるので、動作しなくなってしまいます。
参考:IEのサポートが2022年6月15日に終了とのことですがVBAの対応方法は?

対応方法をどうしましょうか。
既存のVBAを、WebBrowserを利用する方式に変更し、改良する方法もあります。
ですが今回は、Power Automate Desktopを使用して、新しい自動化処理の方法をご紹介します。

Power Automate Desktopを使用したブラウザ操作の自動化

Power Automate DesktopはWindows 10以降に搭載されたクライアントコンピュータ自動化のためのRPAツールです。
Windows上のキーボードやマウス操作を記録したり、ブラウザの内容を読み取ってExcelや自社アプリに対して自動的にデータを保存したり、その保存したデータを使って繰り返し登録処理を行うなど応用範囲の広い使い方をすることができます。
VBAのIEオートメーション操作の代わりとして、Power Automate Desktopを使用することが可能です。

一例としてExcelの情報を読み取ってメールを送信する自動処理の動画をご紹介します。
参考:Power Automate Desktopで条件に合わせたメール一括送付 - YouTube

まとめ

VBAはコーディングが必要で扱うためにプログラムの学習も必要になります。
他方で同じように学習するのであれば、応用範囲も広く、他システムとの連携も柔軟に対応でき、プログラミングをほとんどすることなく誰でも始めることができるPower Automate Desktopの利用をこの機会に検討してみてはいかがでしょうか。

もちろん Power Automate Desktopも最初は学習が必要です。
当社ではPower Automate Desktopの入門セミナーも順次開催しております。Power Automate Desktopにご興味がございましたら是非お申し込みください。

Power Automate Desktop入門 セミナー
https://www.iimhs.co.jp/seminar_ms365/2021/05/case007.html




お問い合わせ
ご相談・お見積りのみのご依頼も、お気軽にお問い合わせください。
03-4333-1111 9:00 ~ 17:45 (土日、祝日を除く)