導入事例Case Study

サーバーリプレース支援

背景

Window Server 2008 のサポートが 2020 年 1 月 14 日に終了します。
サポートが終了した OS を使用し続けることにより、セキュリティリスクが高くなることから、リスクの回避を目的とし、当社 SE が常駐しているお客様先にて運用しているサーバーのリプレース作業をご支援させていただきました。また、同時にメモリやハードディスクの容量の増強も対応をさせていただいております。

概要

業種 建設業
目的
  • ハードウェア・ソフトウェアの保守切れによる業務停止や
    セキュリティリスクの回避
  • ハードウェア更改による、メモリ、HDD 容量の増強対応
目的
  • 利用ユーザー数: 約 600 名
  • 総サーバー台数:30 台
作業ボリューム 5 人月
作業内容
  • リプレースプロジェクトの統括管理
  • 作業費用の見積り
  • 機器と導入の立ち会い
  • 構築の進捗管理
  • 運用業務の準備、引継ぎ

作業効果

案件全体の管理

リプレース作業全体の進捗管理を弊社にて行い、お客様が行う作業の負担軽減を実現しました。
また、お客様とは、毎週定例会を開催し、進捗報告を行うことで、スケジュールに関する認識の相違を防ぎ、安心して作業をお任せしていただける環境を用意いたしました。

弊社利用による効果

全体のスケジュール・工程管理の対応

契約受注からサーバーの納品、構築、移行、新サーバーへの切替までのスケジュールを日々管理し、お客様に週次で報告いたしました。
スケジュール遅延が想定される場合にはその都度、ご相談を行い、対応方法を検討させていただきました。


ベンダーとの連携による工数削減

ベンダーとの調整等を含むプロジェクト全体の管理を行うことにより、お客様の作業工数の削減を実現しました。


作業概要

  • 打ち合わせ

    • 導入部署担当者、ハードウェアベンダーとの打ち合わせ
  • システム案件の確定

    • サーバー構成の確定
    • データセンター設置ラック確定
    • ファシリティ工事確定
  • 見積書作成

    • 作業費用の見積書の作成
  • リプレーススケジュール確定

    • 新サーバー導入日、切替日、旧サーバー撤去日の日程を確定
  • 作業の進捗管理

    • 導入作業、移行作業、撤去作業
  • 運用準備

    • 運用準備、運用担当への引継ぎ

この事例のPDFをダウンロード

「サーバーリプレース支援」のPDFはこちらからダウンロードできます。

この事例をダウンロード

関連事例

お問い合わせ

ご相談・お見積もりのみのご依頼も、お気軽にお問い合わせください。

03-6811-12609:00~17:45(土日、祝日を除く)

お問い合わせはこちら