ITインフラを支えるスペシャリスト IIMヒューマン・ソリューション

  • youtube

Amazon FSx for NetApp ONTAPの導入検証をしてみた感想

btn_pagetop

弊社IIMヒューマン・ソリューションのエンジニアが発信するブログです。
最新の技術トレンドや便利な開発ツール、仕事の考え方などをご紹介します。

今回は「Amazon FSx for NetApp ONTAPの導入検証をしてみた感想」をご案内します。

最近、お客様から「ストレージ配置データの脱物理環境」「災害対策」「統合化」に関するご要望を多くいただきます。
そんな時、FSx for NetApp ONTAPの導入がそのようなご要望にマッチします。

良い点はたくさんありますが、導入検証を行ってみて私が特におすすめしたい点を2つご紹介いたします。

① 初期設定がとても簡単

オンプレのONTAP設計、構築は、ディスクやAggregate設定、ネットワーク設定、SVM設定など、設定箇所が多くて大変です。
またこれらは頻繁に構築するものではなく、マニュアルを読み解きながら手探りで設定を行うため、時間がかかることが多いかと思います。

でも、FSxはディスクやネットワーク設定がほとんどなく、設定箇所が少ないんです!
SSDの容量など、後から縮小変更出来ない注意点はありますが、設定ウィザードは画面1個分であり、設定は15分位で完了します。(その後デプロイに2~3時間かかります)

② VMCの外部ストレージとして利用可能で相性抜群

VMC(VMware Cloud on AWS)を利用されている方は嬉しい機能かと思います。
ほぼvSAN1択の環境であるVMCで、NFSデータストアとして使えます。

これによって、CPUやメモリリソースが余っているけどvSAN容量が足りなくESXiを追加せざるを得ない状況を改善できます。
また、オンプレNetAppとのSnapMirrorレプリケーション連携により、大容量データを手間をかけずに共有することも可能です。

レプリケーションされたボリュームはRWにタイプ変更してしまえばそのままVMCで利用可能なため、どのようにvSAN上へボリュームデータを移行するかを考えなくて良いんです。

性能面はお金と時間の都合上検証できませんでしたが、ハイブリッドやマルチクラウド環境を物理ストレージを保有せずとも構成できる日が来るんだろうなぁ、と思うこの頃です。

業務のデジタル化(効率化・自動化)支援サービス

弊社は下記の取り組みを行っております。ぜひご利用ください。

〇 デジタル推進サロン『AOYUZU -Salon de Digital-』

ブリヂストン、出光興産のCDOを歴任してDXの第一人者と言える三枝氏がモデレーターを務め、毎回異なる企業のデジタル担当者のお話をお伺いしていくオンラインサロンです。詳細はこちら

〇 無料セミナー

業務のデジタル化(効率化・自動化)に関し、無料セミナーを毎月5回開催し、動画でのノウハウ提供も開始しております。Microsoft 365のPower Platform、WinActorなどのRPAツールの活用ノウハウを無料で提供しております。詳細はこちら

〇 Microsoft 365関連サービス

「Power Platform SE(PPS)による内製化支援サービス」詳細はこちら
「Microsoft 365」とは|特徴、導入のメリット、費用や管理・運用について、IIMヒューマンソリューションによる導入のメリットや事例はこちら

〇 導入事例 一覧

JALインフォテック様、コニカミノルタ様、官公庁系研究所様、PayPay銀行(旧 ジャパンネット銀行)様、フルキャストホールディングス様、鹿島建物総合管理様、そのほか多数の導入事例をご紹介しております。詳細はこちら




お問い合わせ
ご相談・お見積りのみのご依頼も、お気軽にお問い合わせください。
03-4333-1111 9:00 ~ 17:45 (土日、祝日を除く)