ITインフラを支えるスペシャリスト IIMヒューマン・ソリューション

  • youtube

官公庁系研究所システム刷新プロジェクト(Microsoft 365導入)

btn_pagetop

2021年12月

官公庁系研究所システム刷新プロジェクト(Microsoft 365導入)

ITインフラにおけるハード、ソフトウェアのライフサイクルに合わせて、一定周期でシステム全体を刷新する企業はたくさんいらっしゃいます。
今回紹介させていただく事例のお客様も、ハードウェア、ソフトウェアのライフサイクルに合わせて一定周期でシステム全体を刷新しており、その刷新時期が近くなったため、システム全体の刷新を行うこととなりました。
そのプロジェクト全体の中で弊社が担当させていただいたMicrosoft 365の導入についての事例を紹介させていただきます。

概要

業種 官公庁
目的 ITインフラ全体のハード、ソフトウェアのライフサイクルに合わせた刷新
作業規模 利用ユーザー数: 約 200名
作業ボリューム 基本設計フェーズ:約3ヶ月
詳細設計フェーズ:約2ヶ月
構築フェーズ:約1ヶ月
単体テストフェーズ:約1ヶ月
結合テストフェーズ:約2ヶ月
弊社体制:リーダー1名、サブリーダー1名 メンバー7名
作業内容

Microsoft 365導入における基本設計、詳細設計、構築、単体テスト、結合テスト


<プロジェクト体制>
  • エンドユーザー様 - SIer様 - 弊社
  •                  |
  •         他ベンダー様

構成図

構成図

作業効果

お客様の要求事項と実現可能な機能の整理

システム全体の刷新にあたり、新たにMicrosoft 365を導入して利用することとなったため、現行のシステム(Google Workspace)で利用していた機能をMicrosoft 365でどのように実現できるかが課題となりました。この課題へ対応するため、お客様から頂いた要求事項を、Microsoft 365が持つどの機能でどのように実現できるかを明確化しました。これにより、刷新前の環境で利用していた機能を刷新後の環境でも利用できるように整理しました。
刷新前の環境で利用していた機能をMicrosoft 365の機能でどのように実現できるかを明確化したことにより、お客様に刷新後のイメージをご説明したり、妥協案を協議する材料とすることができました。

弊社利用による効果

Microsoft 365のアップデートに伴う設計書の改訂

SaaS全般に言えることですが、Microsoft 365は機能が追加されたりインターフェースが変更されたりする等、頻繁にアップデートが行われます。
弊社にて作成した基本設計書や詳細設計書はアップデートされるたびに変更させていただき、実環境と設計書の差が無くなるよう丁寧に対応いたしました。

SIer様との円滑なコミュニケーション

以下3点の対応により、円滑にコミュニケーションを取り、プロジェクトを推進いたしました。

  1. SharePointを活用し、ファイルを即時共有
  2. TeamsのWeb会議を活用し、スムーズな打ち合わせやトラブル対応を実施
  3. 電話や、週一回の訪問時の対面でのコミュニケーションによる綿密な打ち合わせ

作業内容の詳細

基本設計、詳細設計

  • 機能概要
  • Microsoft 365 共通設計
  • Exchange Online設計
  • Teams設計
  • SharePoint設計
  • OneDrive設計
  • Forms設計
  • 非機能設計

環境構築、単体テスト(パラメータテスト)、結合テスト(機能テスト)

  • Microsoft 365 共通構築、テスト
  • Exchange Online構築、テスト
  • Teams構築、テスト
  • SharePoint構築、テスト
  • OneDrive構築、テスト
  • Forms構築、テスト

納品ドキュメント

  • 基本設計書
  • 詳細設計書
  • 単体テスト結果
  • 結合テスト結果
  • 運用手順書
  • ユーザ向け手順書

この事例のPDFをダウンロード

「官公庁系研究所システム刷新プロジェクト(Microsoft 365導入)」のPDFはこちらからダウンロードできます。

この事例をダウンロード

関連事例

お問い合わせ
ご相談・お見積りのみのご依頼も、お気軽にお問い合わせください。
03-4333-1111 9:00 ~ 17:45 (土日、祝日を除く)