ITインフラを支えるスペシャリスト IIMヒューマン・ソリューション

  • youtube

RPAにおけるエラーハンドリングの重要性と実践的アプローチについて

btn_pagetop

弊社IIMヒューマン・ソリューションのエンジニアが発信するブログです。
最新の技術トレンドや便利な開発ツール、仕事の考え方などをご紹介します。

今回は「RPAにおけるエラーハンドリングの重要性と実践的アプローチ」についてご案内します。

エラーハンドリングとは何か?

RPA(Robotic Process Automation)において、エラーハンドリングはメインフローと同じくらい重要です。これは、予期しないエラーが発生した場合に、RPAシステムがどのように対応するかを定義するプロセスです。適切なエラーハンドリングを行うことで、エラーの原因を迅速に特定し、ビジネスプロセスの中断を防ぐことが可能になります。
※RPAにおけるエラーハンドリングの役割、設計方法等については RPA推進のノウハウコラムでご紹介しています。

エラーハンドリングの具体的な手法

エラーハンドリングにはさまざまな方法があります。例えば、以下のような手法が挙げられます。

  • 自動再試行メカニズム:特定のエラーが検出された場合、RPAは自動的にタスクを再試行します。
  • エラーログの生成:エラーが発生すると、その詳細がログファイルに記録され、後で分析することができます。
  • 通知システム:エラーが発生すると、関連するスタッフに自動的に通知が行われます。

技術的な詳細

エラーハンドリングを実装する際には、特定のスクリプトやコマンドを使用して、RPAツールがエラーをどのように検出し、対処するかを定義します。たとえば、特定のエラーコードを監視し、それがトリガーされた場合に特定のアクションを実行するように設定することができます。

まとめ

エラーハンドリングはRPAを使用する上で不可欠な要素です。適切なエラーハンドリング戦略を持つことで、ビジネスの効率性と信頼性が大きく向上します。弊社では、エラーハンドリングの設計から実装、運用に至るまで、包括的なサポートを提供しています。業務自動化に関するご質問やご相談があれば、弊社までお問い合わせください。

業務のデジタル化(効率化・自動化)支援サービス

弊社は下記の取り組みを行っております。ぜひご利用ください。

〇 デジタル推進サロン『AOYUZU -Salon de Digital-』

ブリヂストン、出光興産のCDOを歴任してDXの第一人者と言える三枝氏がモデレーターを務め、毎回異なる企業のデジタル担当者のお話をお伺いしていくオンラインサロンです。詳細はこちら

〇 無料セミナー

業務のデジタル化(効率化・自動化)に関し、無料セミナーを毎月5回開催し、動画でのノウハウ提供も開始しております。Microsoft 365のPower Platform、WinActorなどのRPAツールの活用ノウハウを無料で提供しております。詳細はこちら

〇 Microsoft 365関連サービス

「Power Platform SE(PPS)による内製化支援サービス」詳細はこちら
「Microsoft 365」とは|特徴、導入のメリット、費用や管理・運用について、IIMヒューマンソリューションによる導入のメリットや事例はこちら

〇 導入事例 一覧

JALインフォテック様、コニカミノルタ様、官公庁系研究所様、PayPay銀行(旧 ジャパンネット銀行)様、フルキャストホールディングス様、鹿島建物総合管理様、そのほか多数の導入事例をご紹介しております。詳細はこちら




お問い合わせ
ご相談・お見積りのみのご依頼も、お気軽にお問い合わせください。
03-4333-1111 9:00 ~ 17:45 (土日、祝日を除く)