ITインフラを支えるスペシャリスト IIMヒューマン・ソリューション

  • youtube

Microsoft 365 のアップデートを確認する環境を準備する

btn_pagetop

前回のコラムでは、 Microsoft 365 のアップデートは「メッセージセンターをチェック」することで確認できるとお伝えしました。今回はそのアップデートを実際に確認する方法について解説します。

動作確認の難しさ

アップデートは、一般ユーザーに展開される前に管理者が指定したユーザーに早めに適用する仕組みがあります。(通常数週間~1か月程度前倒し)
設定箇所は「Microsoft 365 管理センターの 設定  組織設定  組織のプロファイル  リリースに関する設定」です。「テナント全体 or 特定のユーザー」に対してだけ早期にアップデート適用することが可能になります。
ですが、アップデート内容によっては「特定のユーザー」に設定していると早期適用されないものがあります。
これはテナント全体に対して適用するタイプのアップデートだった場合に、特定のユーザーに設定しても適用されずに、正式リリースまで確認することができません。
早期適用範囲を「テナント全体」とすることで確認ができますが本番運用している環境で行うわけにはいきません。

どちらのパターンも確認する方法

「テナント全体 or 特定のユーザー」どちらのパターンも確認する方法は、別のテナントを準備する方法です。
例えば、本番運用しているMicrosoft 365テナントには「特定のユーザー」設定でIT部門やMicrosoft 365の検証に協力する社内ユーザーを指定すると良いでしょう。
他方で「テナント全体」設定のアップデートを早期に受け取るための専用のテナントを別途準備して、そのテナント全体を「全員に対象指定リリース」設定とすることでテナント全体に適用されるタイプのアップデートを確認することが出来ます。
2つのテナントを用意することで「テナント全体 or 特定のユーザー」どちらのパターンも確認することが出来ます。

検証用テナントを用意する

一番適切な方法は自社が契約している Microsoft 365 ライセンスと同じテナントをもう一つ別に数アカウントのみ契約する方法です。
アップデートの検証を行う必要のある組織であれば必要経費として契約してしまう方が適切な検証が出来るでしょう。
他方で Microsoft 365 E5 テナントであれば、開発者プログラムに参加することで25ライセンス分をすぐに利用することが出来るので無料で確認することが可能になります。ただし、運用テナントとライセンスが異なれば動作が異なる可能性があることに注意する必要があります。(参考:https://developer.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/dev-program

まとめ

Microsoft 365 のアップデートは多くのアップデートが日々リリースされています。
メッセージセンター通知にはアップデートされるサービスが自社でどれだけの人数に利用されているのかを表示するアップデートも近日適用されます。
日本語に機械翻訳しても充分に内容が分かるのでこまめにチェックすることをお勧めします。




お問い合わせ
ご相談・お見積りのみのご依頼も、お気軽にお問い合わせください。
03-4333-1111 9:00 ~ 17:45 (土日、祝日を除く)