Microsoft 365 のセキュリティ

btn_pagetop

【コラム:Microsoft 365 のセキュリティ】

リモートワークが中心になって、Microsoft 365 をはじめとするクラウドサービスへ移行する企業がより多くなりました。
自社独自でリモートワーク環境を構築するよりもセキュリティ対策をある程度クラウドサービス側で担ってくれている事が大きな要因ではないでしょうか。
Microsoft 365 が提供するセキュリティ機能についてご紹介したいと思います。

最新のスパム対策がされている

Microsoft 365 は全世界で多く使われていますが、その分 SPAM メールやウイルス付きメールの脅威に晒されているとも言えます。しかし、多くの脅威に晒されているからこそ、いち早くAIを使ったSPAM対策や、セキュリティ対策を行うことができるとも言えます。
そして我々日本はある意味幸運なことに、英語圏で新たに発生したコンピュータウイルスやフィッシング詐欺が日本語に翻訳される頃には Microsoft がすでに対策を終わらせ、我々の手元には届かないことがほとんどです。

Microsoft と 我々ユーザー 両方の対策が必要

かといって何もしなくて良いというわけではありません。
その代表例がMFA(多要素認証)の設定でしょう。スマートフォンの認証アプリを使ってログインすることで「たとえIDとパスワードが情報漏洩しても、スマホを持っていないとログインできない」高いセキュリティを実現することができます。
とくにMicrosoft 365 であれば

  • 自社事務所からのアクセスはMFAを使用しない
  • 外部アクセスは可能だが社給PCでなければログインできない
などの「条件付きアクセス」を設定することで業務に支障をださずにリモートワークを実現する手法が多くあります。

まとめ

これらセキュリティ対策の適用状況が自社ではどのレベルまで担保されているのかを確認するには、「セキュリティスコア」というものを確認します。「セキュリティ対策に100点満点は無い」ですが、このセキュリティスコアも100%にすることは出来ませんが、できるだけ高い水準にすることで企業のセキュリティリスクを減らせます。
https://security.microsoft.com/ へアクセスして自社のセキュリティスコアをぜひ確認してみてください。

お問い合わせ
ご相談・お見積りのみのご依頼も、お気軽にお問い合わせください。
03-6811-1260 9:00 ~ 17:45 (土日、祝日を除く)