IIMヒューマン・ソリューション株式会社
新卒・中途採用サイト

メニュー

IT基礎知識コンテンツINFORMATION TECHNOLOGY BASIC KNOWLEDGE CONTENTS

「ITインフラを理解しよう!」シリーズ第1弾!


クラウド編② ”クラウドの種類”


クラウドの代表的な種類は3つ👇🏻

  • SaaS(Software as a Service)
  • PaaS(Platform as a Service)
  • IaaS(Infrastructure as a Service)

SaaS(Software as a Service)

パッケージ製品として提供されていたソフトウェアをインターネット経由で必要に応じて利用できるようにしたものを指します。
どんな端末からもアクセスできる、複数人がデータにアクセスして作業・編集を行えるなどのメリットがあります。


SaaSサービスの代表例として、Google Workspace(旧:G Suite) やSalesforceなどが挙げられます。


PaaS(Platform as a Service)

PCやタブレットには、ハードウェアやOSと呼ばれるアプリケーションやソフトを稼働させるための仕組みが搭載されています。

これらをインターネット上のサービスとして提供するのがPaaSです。

このプラットフォーム上で構築されたサービスは、会社で利用するだけでなく顧客に提供も可能です。コストを抑えてかつ早くシステム開発を進められます。

代表的なサービスはGoogle App Engine、Microsoft Azureなどです。


IaaS(Infrastructure as a Service)

情報システムを稼働させる際に必要とされる機材やネットワークをインターネット上で提供するのがIaaSです。

大きな特長は、サーバーを利用する際に必要なハードウェアのスペックやOSをユーザーが自由に選定できるため、柔軟なシステム運用ができることです。

Google Compute Engine などが代表的なサービスとして挙げられます。