IIMヒューマン・ソリューション株式会社
新卒・中途採用サイト

メニュー

先輩インタビューINTERVIEW

先輩インタビュー一覧へ

S/K

S/K業務自動化サポートグループ 2021年4月 入社
(2022年2月 インタビュー実施)

学生時代に学んだこと

短期大学では、メディアデザインについて学びました。専門的なソフトを用いて卓上カレンダーといった印刷物からデジタルイラストといったものまで、幅広く制作をしました。デザインには答えがないので、色・形・レイアウトなどのについて悩んだ経験から、多角的な視点を持つことの大切さを学びました。

なぜIT業界を志望したか

もともとPCを操作することが好きだったので、PCを使う仕事に就きたいと思っていました。短期大学進学後、課題提出や出席確認がWebシステムでできることに衝撃を受け、ITの「便利を創る力」に魅力を感じました。そして、私も便利を創りたいと思い志望しました。

IHSのどんなところに魅力を感じて内定承諾したか

社員の方の考えに魅力を感じたからです。面接の時にコロナ過をチャンスと捉え、スピードを大切に動いていくというお話をお伺いしました。そして、IHSには他の企業にはない明確なビジョンを持っていると感じ、一緒についていきたいと思い入社を決めました。

入社後に先輩からどのようなサポートを受けられたか

専門的なITの知識に触れるのは初めてだったので、入社してすぐの研修の時は分からないことが多くありました。その際、分からない部分を30分かけて先輩が丁寧に答えてくださり、大変助かりました。現在は週に1回先輩とミーティングを行い、現場での課題から雑談まで気軽に話せてサポートしていただいています。

現在の仕事内容

現在は、物流会社のお客様先でWinActorというRPAツールを用いた開発・運用を行っています。サイトからデータをダウンロードし担当の方にメールを送ったり、サイトの内容をExcelファイルに転記したりといった、日々の業務を自動化しています。

学生時代に学んだことで、活かせていること

自動化を進める時には、どの部分まで自動化するか、自動化する場合はどのように進めていくか、エラーやリスク等を考えながら開発を進めていきます。その際、学生時代に学んだ多角的な視点が活かせていると感じています。

入社後に実感しているIHSのいいところ

皆さんとても優しく、誠実なところがいいところと実感しています。困ったことがあったら気軽に相談できるのはもちろん、技術者として意見を言い合えるところが他の企業にはないIHSのいいところだと感じています。

入社後にどのような成長ができたか、またそれはなぜか

落ち着いて業務を進めるということ学び、精神的に成長することができたと感じています。自分は、やることが多くなると焦ってしまうところがありました。実際、現場に配属された当初は案件を多く抱えると焦ってしまい、ミスをし、ご迷惑をおかけしてしまったことがありました。しかし、焦りそうな時こそ落ち着き、確実に確認等を行うことでミスを減らすことができました。

今後、どのような技術者になりたいか

誰かを指導できるような技術者になりたいです。指導をするためには専門的な知識を理解し、経験からの知識を吸収する必要があります。自分にはまだ知識が少なく、経験が浅いです。これからも開発・運用を行っていく中でたくさん吸収していきたいです。

就活中の学生へのメッセージ

世の中が目まぐるしく変わっていく中で、就活をするのは大変かと存じます。しかし、就活中で経験した自己分析・業界や職種についての知識・テスト対策で得た知識は、これからの仕事においても役立ちます。特に仕事で悩んでいる時、一度自分を俯瞰して自己分析してみることで、解決の糸口を掴むヒントに繋がります。ぜひ、「ここだ!」と思う会社に出会えることを願っています。