ITインフラを支えるスペシャリスト IIMヒューマン・ソリューション

  • youtube

UiPath製品概要

btn_pagetop

UiPath(ユーアイパス)とは

UiPath社は、2005年、ルーマニア(ブカレスト)で創業しました。
当初、コンピュータビジョンとしてスタートしてから、現在は、グローバルで、全34拠点、20か国にてサービス展開を行っており、現在、本社はニューヨークにあり、シアトル、ブカレスト、バンガロール、日本を開発拠点として展開しています。
2017年度からのサービス開始以降、2019年度の実績において、日本国内の伸びが最も高くなっています。

そして、日本国内での導入実績としては、 1,000社以上に及び、製造業、商社、金融、官公庁・自治体・教育、エネルギー、情報・小売・サービス・運輸と多岐に渡っています。

UiPathは、
  • UiPath Studio
  • UiPath ロボット
  • UiPath Orchestrator
を使った統合的RPAソフトウェアです。

UiPathの特徴

  • システム互換性の高さ:UiPathは、Windowsに対応する能力が高い
  • スケーラビリティ:UiPathは小規模から大規模までスケール可能
  • サポートや無償トライアル:企業、個人問わず、自動化を促進
  • 管理ツールの充実:汎用性の高い管理ツールであるOrhcestartorの運用が可能
  • デスクトップ型のロボットも、サーバー型のロボットも一元管理が可能。

UiPathの運用構成図

UiPath Studio

「UiPath Studio」とは実際に「RPAロボット」を開発するためのツールです。「RPAロボット」を作れるように、できる限りプログラミングの考え方を排除しています。また、「レコーディング機能」が備わっており、開発者が行った作業をそのまま自動化できる機能もあります。

UiPath Robot

UiPathロボットとは「UiPath Studio」で開発やテストした「RPAロボット」を実行するためのツールです。
UiPathロボットを使うことにより、「UiPath Studio」で作った「RPAロボット」をデスクトップ上から簡単に実行できます。
そのため、「UiPath Studio」を立ち上げずに、UiPathロボットさえ起動していれば、「RPAロボット」を実行できるのです。
  • 直感的な操作性
  • テンプレートからの作成
  • ドラッグアンドドロップ操作
  • レコーディング機能
  • Citrixウィザードで仮想環境での自動化にも対応

UiPath Orchestrator

「UiPath Orchestrator」は、作ったロボットをWEB上で管理するツールです。
複数の「RPAロボット」の起動や停止をしたり、「特定の時間に自動実行する」などのように設定できます。
Orchestratorサーバーなし構成・・・・ロボット5台前後からのスモールスタートが可能。
Orchestratorサーバーあり構成・・・・ロボット50台を超える大規模プロジェクトにおける実績もあり、
セキュリティ、ITガバナンス管理が可能です。

UiPath Studio ハードウェアおよびソフトウェア要件

■ハードウェア要件
  • CPU  最小: 2 x 1.8 GHz 32-bit (x86)、推奨仕様: 4 x 2.4 GHz 64-bit (x64)
  • RAM  最小: 4 GB、推奨仕様: 8 GB
  • ディスク領域 新規インストールの場合は 3.5 GB、アップグレードの場合は 5 GB (インストール時に必要な一時ファイルを含む)
注意:モニター設定 1024 x 768 未満の解像度はサポートされていません。

■ソフトウェア要件
  • Windows 8.1、Windows 8.1 N、Windows 10、Windows 10 N、Windows 11
  • Windows Server 2012 R2、Windows Server 2016、Windows Server 2019
  • Citrix環境 XenApp v 6.5 またはそれ以降のバージョン、XenDesktop v 7.0 またはそれ以降のバージョン
  • .NET Framework バージョン 4.6.1 以降
  • Web ブラウザ (ブラウザの自動化用)   Internet Explorer v8.0 以降、Google Chrome バージョン 64 以降、Mozilla Firefox バージョン 52.0 以降、Windows 10 バージョン 1803 以降の Microsoft Edge
  • Microsoft Office (StudioX プロファイルで作成されたプロジェクト)  Office: 2013、Office: 2016、Office: 2019、Office 365

詳しくは公式ページをご確認ください。
https://docs.UiPath.com/studio/lang-ja/docs/software-requirements