トピックスTopics

仮想化環境における構築・運用のポイント 第1回

サーバの仮想化は、昨今のIT業界において注目されているテーマの1つです。当社ではVMware Infrastructure導入作業、運用手順書作成などの実績から、仮想化環境構築のノウハウをご紹介します。 仮想化をご検討の際、是非弊社にお問い合わせください。

内容

大手企業だけでなく中小企業でも、サーバ運用管理者は様々な課題に直面していることと思います。例えば以下のようなものが挙げられます。

  • 物理サーバ配置
  • ハードウェア保守切れおよび陳腐化への対応
  • 本番、保守、開発、テスト、リハーサル環境の効率化
  • サーバ個々のパフォーマンスチューニング
  • 障害対策(バックアップ/リストア)

上記問題を解決する方法の一つにサーバ仮想化という技術が存在します。サーバ仮想化とは、サーバの統合化やリソースの有効利用といった目的で注目されている技術です。
上記の課題を、仮想化技術を用いることによって、いかに解決できるかについてご紹介します。

1.物理サーバ配置

近年のIT環境は、システムが多様化、複雑化しています。そのため、過剰なサーバ台数を抱え込んでしまっている企業も多いのではないでしょうか?

サーバ仮想化技術を使用することにより、高性能なサーバを効率よく配置・構成することで、マシンスペースの 省力化(ラック数の減少もしくは物理サーバ数の減少、消費電力の節約)を実現することが可能となります。 また、サーバ統合に伴う物理サーバの減少により、セキュリティにおける管理コストを削減することも可能です。

2.ハードウェア保守切れおよび陳腐化への対応

これまではシステムの役割ごとにサーバを構築していましたが、仮想化技術を利用することにより、仮想化OSを 効率的に切り替えることが可能となります。それにより、レンタルサーバの切り替え作業や高スペックなハード への移行を効率的に行うことができます。

3.本番、保守、開発、テスト、リハーサル環境の効率化

あるシステムを本番稼動させようとする場合、環境を複数回構築する必要がある場合があります。
例えば、システム開発の期間であれば、システム開発環境、結合テスト環境、総合テスト環境などの用途に応じて、サーバ内のテストで作成したモジュール(注1)をクリーンアップする必要が出てきます。このような場合、仮想化技術を導入することにより、サーバのスナップショット(注2)を作成して、以前の環境に戻したり、バックアップを取得した時点の環境に容易に戻すことが可能となります。また、通常の運用時でも利点があり、本番サーバにパッチを当てるのではなく保守環境で確認し、問題があった場合は保守環境を再度バックアップ時点に戻すといった作業を容易に実施できます。


(注1)モジュール交換可能な構成部分または機能の単位。システムへの接合部(インター フェース)が規格化・標準化されていて、容易に追加や削除ができ、ひとまとまりの機能を持った部品のこと。


(注2)スナップショット開発中のプログラムのソースファイルや、稼動中のデータベース ファイルなどを、特定のタイミングで抜き出したもの。

4.サーバ個々のパフォーマンスチューニング

通常、あるシステムをサーバにのせる場合、キャパシティ計画を立て、最大パフォーマンスを計算した上で設計されます(例えば、CPU、メモリ、HDDなど)。しかし、個々のシステムは最大パフォーマンスを常時必要とはしません。そこで、サーバのリソースを有効活用できる仮想化技術を用いることで、最大パフォーマンスを必要としないCPU、メモリなどのサーバ群を1つの筐体へ格納し、効率よく運用することが可能となります。
一方で、業務アプリケーションサーバ単位でグルーピングし、一つの筐体へ整理することも可能となります。

5.障害対策(バックアップ/リストア)

サーバの障害対策として、バックアップ/リストアを検討する必要が出てきます。仮想環境では従来のバックアップの種類とは別に以下のバックアップが可能になります。


  • 仮想サーババックアップ:仮想OSファイルレベルでのバックアップ。
  • スナップショット:その時点でのスナップショットを取得し、後でその状態に戻すことが可能。
  • ※上記でご紹介した仮想化技術の詳細について、次回から5回にわたってご紹介いたします。