ニュース

インフラ運用

NetAppストレージ筐体のOSバージョンアップ支援

IIMヒューマン・ソリューションにてご支援させていただいたNetAppストレージのバージョンアップ作業に関する事例をご紹介します。 バージョンアップ作業の対象となるストレージは、仮想基盤で稼働する仮想マシンのシステム、およびデータ領域の格納先として利用されていたため、稼働している仮想マシンへの影響を最小限に抑えることが課題でした。本作業に関し、弊社の仮想技術とNetAppストレージの運用経験による実績を基に仮想マシンへの影響を抑えたバージョンアップ計画をご提案し、実作業担当となるベンダーの調整をご支援させていただいております。

RPA を利用した作業工数の削減

今回は、弊社で行なっているRPAツール「WinActor」のハンズオンセミナーの受付管理業務の運用方法の見直し、および自動化による作業国数の削減に関する事例をご紹介します。 本セミナーは、連日大変多くのお客様にお申し込みいただいており、担当者は受講者の受付管理等、開催準備に追われておりました。 受付管理は当初、手動でExcelファイルに登録する等の作業をしており、転記漏れや転記ミスが発生しておりましたが、運用方法を見直し、 一部をWinActorにより自動化することで、作業ミスをなくし、作業工数を大幅に削減することができるようになりました。

PC出荷・返却運用の見直し

IPCの出荷や返却時に発生するActive Directory変更作業の運用を見直し、改善の取り組みをご支援させていただいた事例をご紹介させていただきます。 人の入れ替わりの激しい繁忙時期にPCの受発注システム(社内ワークフローシステム)で起票される依頼が多く、期限内での対応ができずに遅延してしまうことが課題となっていましたが、運用の仕組みを改善し、通常月でも繁忙月でも変わらずに現状の運用人数で期限内に対応を完了させることを目的とし、運用方法を見直し、改善の取り組みを実施いたしました

PowerShell を用いた運用の自動化

IIMヒューマンソリューションの担当者により、これまで手動で運用していたActive Directoryの運用作業をPowerShellを用い、自動化するご支援をさせていただいた事例をご紹介しています。 限られた時間の中で件数の多い登録作業をスクリプトで一括処理することにより、ミスなく、かつ時間内に対応を完了させることができました。

サーバーセキュリティパッチ適用作業の運用設計・環境構築

最新のセキュリティを維持するためには、システム運用時にシステムで利用しているOSやサービスのセキュリティに関連する情報を継続的に収集し、対象システムの脆弱性情報が報告された場合には、すみやかに実施可能なポリシーを構築することが大切です。しかしながらパッチ適用に伴うトラブルが発生するリスクもあり、対応方法に頭を悩ませる管理者も多いと思います。 今回は、IIMヒューマンソリューションで行ったセキュリティパッチ適用に関する運用設計を構築した事例をご紹介いたします。

ファイルサーバー運用改善とクラウド移行

IIMヒューマンソリューションでご支援させていただいた事例をご紹介します。 今回ご紹介するお客様は、オンプレミスでファイルサーバーを利用されていましたが、サーバの高負荷によるレスポンス遅延や停止に至る障害の発生や、ビジネス環境の変化等にも俊敏に対応するためクラウド環境を利用することを検討しておりました。 どのように移行プロジェクトを進めるべきか、弊社にご相談をいただき、運用に精通した技術者によるご支援をさせていただきました。

アカウント棚卸し作業の効率化

「働き方改革」の実現に向け、現場では業務(作業)の自動化による生産性の向上、効率化が求められています。IIMヒューマンソリューションの社員が常駐するお客様でも同様の課題を持つ現場が多い状況です。今回は、100 台のサーバーをもつ環境下で、アカウント情報を取得する必要があり、これまで 25 時間の工数がかかっていた作業をアカウント情報を取得するバッチを作成することにより、約 18 時間の短縮を実現し、かつ障害やミスの発生リスクを抑えることができた事例をご紹介します。

VMware Horizon 環境 Version up プロジェクト支援

お客様がご利用されている仮想デスクトップ基盤のバージョンアップ対応時にご支援させて頂いた事例をご紹介いたします。 現行バージョンではサポート対応が受けられなくなるリスクやセキュリティ品質の問題からバージョンアップをしましたが、その際に発生する様々な問題に対しIIMヒューマンソリューションの SE が対応をさせていただき、他のプロジェクトが進行する中においても無事に作業を完了させることができました。

ミッドレンジストレージ基盤の導入から運用までの支援

今回のお客様は共有外付けストレージをFC—SANベースのハイエンドストレージモデルを中心に構成し、全てをアウトソーシングされていましたが、コスト等の課題があったためIIMヒューマンソリューションにて仮想化技術を採用したミッドレンジストレージモデルを導入し、サービスの重要度に応じて選択できるよう環境整備を行い、運用のご支援をさせていただいた事例をご紹介します。