ニュース

IT運用

東京フードのRPAを用いた業務の効率化:経営企画部門の一人がシナリオ作成、そして、ライセンス購入者に対してIHSが無料で提供するサービスとは?

2018年7月から東京フードでは、業務改革プロジェクトの一環でRPA(WinActor)を導入、2020年11月までの約2年の間に人間の業務量として年間1500時間分の自動化を達成しました。国内のRPAツール6製品を比較検討し、WinActorを選択した背景、そして、経営企画部門の一人が実現する業務の効率化とIHSの貢献についてお伺いしました。

ジャパンネット銀行のRPAを用いた業務の効率化とIHSの貢献・取り組みについて

2018年からジャパンネット銀行では、業務改革プロジェクトの一環でRPA(WinActor)を導入、今日までに銀行業務、OA作業など120業務以上に適用、稼働しています。ジャパンネット銀行では、全社のRPAをIT部門で集中して開発、管理する方式を採用しており、IHSは導入当初より、開発のルール作り、シナリオの制作、稼働後のサポートをIT部門に提供してきました。以下、ジャパンネット銀行におけるRPA(WinActor)の導入とIHSの貢献についてお伺いしました。

企業でのWinActor/WinDirectorを用いた業務効率化とIHSの部門開発支援

IIMヒューマンソリューション(以下IHS)は、2018年より企業のWinActor運用業務を請け負い、その後WinDirectorの支援も請け負っています。某企業は、業務の効率化・自動化をめざしてWinActorの導入を決めました。そして、業務を熟知している各部門に自動化プログラムの作成を任せることにしました。そこで、各部署での開発を支援する担当としてIHSが選ばれました。