ニュース

2018年アーカイブ

サーバーアクセスログ管理ツール導入

IIMヒューマンソリューションにてALog ConVerter導入のご支援をさせていただきました事例をご紹介します。この事例のお客様は、社内の各サーバーへのアクセスログを集中管理するためにサーバーアクセスログ管理ソフトを導入していましたが、ログの検索に時間がかかる等、いくつかの課題があったため、ALog ConVerterへのリプレースを実施されました。

ミッドレンジストレージ基盤の導入から運用までの支援

今回のお客様は共有外付けストレージをFC—SANベースのハイエンドストレージモデルを中心に構成し、全てをアウトソーシングされていましたが、コスト等の課題があったためIIMヒューマンソリューションにて仮想化技術を採用したミッドレンジストレージモデルを導入し、サービスの重要度に応じて選択できるよう環境整備を行い、運用のご支援をさせていただいた事例をご紹介します。

SharePointでのFAQの作成

SharePointが構築されていれば、情報共有をするためのDBの作成は難しい技術を必要としないため、Notesと同様にユーザ部門でも利用ができ、SharePointの活用の幅も広がります。 今回はNotesを利用しFAQを参照していたお客様がSharePointへ移行する際のご支援をさせていただいた事例をご紹介します。

システム運用の評価と継続的な改善

システム運用の外部委託を検討する企業は年々増えており、アウトソーシングが定着しつつあります。IIMヒューマンソリューションでは、アウトソーシングをお受けする際には評価対象、評価基準を明確にし、サービス一覧とSLAを作成させていただいております。また、定期的にサービスレベルの結果や運用状況をお客様に提出させていただき、評価をしていただく機会をもっております。今回は実際にそれらを作成し、改善を実施させていただいた事例をご紹介させていただきます。

急なニーズや繁忙期にも迅速に対応するスポット SE サービスの活用

IIMヒューマンソリューションの『スポット SE サービス』は、『必要なスキルを、必要なだけ、1 人 1 日から』をコンセプトに、お客様の運用形態に合わせたサポートを提供しております。 すでに常駐している要員がいる場合には、お客様の環境や運用方法、課題等の連携がスムーズに行え、万が一、障害が発生した場合など緊急時においても、必要な技術をもつ要員での対応が比較的早期に行えます。

属人化業務の可視化

IIMヒューマンソリューションでは、ブラックボックス化してしまい、システム運用に関する定例業務の継続が困難な状況に陥ってしまった業務を可視化、効率化するご支援をさせていただきましたのでその事例をご紹介いたします。

安定運用に向けた業務可視化と運用手順書整備

IM ヒューマンソリューションでは、常駐をさせていただいているお客様先にて、業務全体を可視化、また安定運用に向けた運用手順書の整備をお手伝いさせていただきました。 業務の見える化、ドキュメントの整備は、人に依存することなくスキルが平準化でき、人為的ミスの削減や業務の効率化にも繋がります。